映画

テルマエ・ロマエII

テレビでテルマエ・ロマエをやっていたので、 何気なく観てしまった。 その翌日あたりから公開になったのがテルマエ・ロマエII。 そんなわけで、映画館に観に行った。 前半はお笑い要素に力を入れているようで、 ちょっと過剰な部分もあったけど、まぁこれは…

白ゆき姫殺人事件

「告白」と同じ湊かなえ原作の映画「白ゆき姫殺人事件」を観た。 物語の前半はテレビのディレクター目線で取材という形をとり、 関わっている人物の証言をとっていき、後半からは容疑者目線で回想する形になっている。 殺人事件というタイトルがついているけ…

神様のカルテ2

小説は読んでいないが、 前作映画でみていたので、今回も観に行った。 風変わりな若手医師とその妻、そして、同僚と それぞれの事情を抱えた3組の夫婦の関係を描いた作品。 監督が前作と変わっており、キャストは設定は基本的に同じだけど、 今作単独で見て…

永遠の0

フランスにいく時に機内で読もうと小説を買っていたのだが、結局読み切れなかった。 それが「永遠の0」だ。 小説は全部読んでいないものの、ちょうど絶賛上映中ということで、 あえて映像化したものを見ることにした。 戦争もので特攻隊を描いたもので、従…

さいごのトリック

しばらく映画を見ていなかったので、 久しぶりに「トリック劇場版 ラストステージ」を観に行った。 トリックはテレビで放映するだろうし、 内容もわざわざ映画で見るものでは無いとおもっていたのだけど、 観に行った日の前日にテレビのスペシャルドラマをみ…

そして父になる

久しぶりに映画を観た。 観たのは「そして父になる」だ。 自分が育てた子が、実は取り違えだった、ということを知った、 福山雅治演じる父親を中心に、双方の家族の様子を描いている。 実際にそのようなことがあったと聞いたことはあるけど、 いざ直面すると…

ガリレオ

テレビドラマは先日まで放送していた第2期しかみていないけど、 それなりにはまったので、映画も観に行ってしまった。 テレビの延長線だろうという感覚で行ったけど、 思ったよりも映画らしいちょっと深みのある作品だった。 たとえば犯人のトリックがわかっ…

おもてなし課

高知県庁に実在する「おもてなし課」をモチーフに描いた、有川浩原作の「県庁おもてなし課」を、 嫁の里帰りもかねてあえて高知まで観に行った。 原作はすでに読んでいて、なかなか面白かったので映像化でどう描かれるか期待したが、 時間の制約なのか原作で…

脳男

タイトルから?な映画だったのだが、 嫁が興味あるということで観に行った。 主演の生田斗真演じる脳男登場は開演からすこしたってから。 優れた才能があるけど無感情でもった男をめぐるお話。 話としては一見とっつきにくそうに思えたのだが、終盤ですべて…

今日、恋をはじめます

タイトルの映画を見た。 内容は当然原作が少女漫画だからってのもあるけど、 前半はいかにも少女漫画してる、という感じ。 後半はありがちな恋愛ストーリー。 高校生という設定だけど、ちょっと無理があるキャストもあった。 ってか、いまの高校生ってあんな…

悪の教典

サスペンス映画は好きな方なので、予告で気になり観ることにした。 話の前半は生徒も、そしてほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師であることを描く。中盤すぎにこの教師が実は反社会性人格障害者であり、学校と自身に降り掛かった障害を取り除くため…

最後の踊る?

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望を鑑賞してきた。 なんだかんだで映画版は全部見ている。 あり得ないような張り込みから冒頭始まり、いきなり唖然。 細かい仕込みやコメディさはあいかわらず健在、 事件のスケールが最初の映画から徐々に小さくなってい…

ヤミ金

闇金ウシジマ君を観に行った。 コミックも読んでいたし、テレビドラマ化されていたときも見ていたので、 その延長線上で、というのが観た理由。 コミックは綿密な取材の上で描いているそうで、 闇の部分というか汚い部分が結構リアルに描かれていて(実際に…

ライフ

レンタルショップでなんとなく気になった「ライフ」を借りて見ました。 このDVDは映画なんだけどネイチャードキュメンタリー作品。 動物の目線で撮影されていたり、超接近で撮られているから、とにかく凄い!の一言。 映画館で見てたら臨場感もあって良かっ…

TIME

先日、「TIME」を劇場で鑑賞した。 科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、 25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた、という設定。 25歳を迎えると、少しでも長く生きようと物やサービスなどで寿命を買うとい…

麒麟の翼

先日、東野圭吾原作の推理小説を映像化した作品「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」を劇場で鑑賞した。 東京の日本橋でおこった殺人事件に挑む主人公のお話だが、 ミステリーとかサスペンス的な要素よりもヒューマンドラマに近い印象。 実は主要人物が同じキャス…

ALWAYS 三丁目の夕日'64

昭和の東京下町を舞台として描かれた映画の第3弾。 今回は1964年=昭和39年が設定。 東海道新幹線、カラーテレビ台頭で東京オリンピック開催の年である。 さすがに昭和を全部ロケで再現するのは難しくバリバリにCGは使われているけど、 笑いあり、涙ありと、…

借りぐらし

借りぐらしのアリエッティがテレビでやっていたではないか! ちょっと見てみたかったのですが、録画もしてないし、 結局見逃しました。 またやるだろうから、次の機会にするかな。

ギャンブル物

カイジ2を観に行きました。 1も映画館でみていて、そこそこ良かったので今回も期待してみてみました。 原作は漫画ですが基本それをなぞるような展開。 吉高由里子が演じる役がこの映画のキーとなるようしたんだろうけど、私には不要な役に思えました。 原…

解決編というやつかな

連休中にアンフェアの映画を観た。 テレビドラマと前作の映画はDVDで見ていたので、 どうしてもその続編となると気になる。 友人O氏からは予告を見る限り詰め込みすぎている、といっていたので、 多大な期待はしないようにしていた。 なるほど確かに謎が一応…

神様のカルテ

昨年の本屋大賞受賞作品で、読んでみたいと思っていた「神様のカルテ」ですが、 結局読まずにいたところ映画化されたということで観てきた。 地方病院で勤める風変わりな若手医師が大学病院の医局から熱心な誘いを受ける。 残るか誘いを受けるか迷っていると…

さや侍

松本人志監督の3作目となる、さや侍を観に行ってきました。 1作品の「大日本人」も劇場で観ていて・・・だったので、 正直期待してなかったのですが、そこそこ楽しませてもらいました。 深く考えるところもなくぼーっと観られる作品です。 「大日本人」より…

大阪国

プリンセス・トヨトミを観に行きました。 予告を見たときから気になってたんですよね。 戦国物かなとおもいきや現代風な感じだし。 大阪が舞台になるとか、謎めいた感じがありました。 そんなこともあって観たのですが、 はっきり言って期待はずれでした。 …

毎日かあさん

先日映画「毎日かあさん」を観に行きました。 西原理恵子の実話に基づいた漫画が原作でそれを映画化したもの。 とりわけ壮大な出来事が展開する、といった話ではなくごくありふれた日常を淡々と描いていると思いました。 だけど、それでいて涙あり笑いありで…

がんつ

映画の感想をかけ!という声があったので、 今年から見た映画の感想とかをつらつらと書いていきたいと思う。 で、先日みたのが、『GANTZ』。 原作コミックを読んでいるので、大筋はしっているが、 あのわけのわからない世界観をどう描くのかというのを楽しみ…