商標権

中国のIT企業「唯冠科技」がApple社のiPad商標権を主張して販売停止を求めている件で、
中国広東省では唯冠科技の正当性を認めるという判決がでたが、
上海では認められず、Apple社が勝訴した。
同様の裁判がアメリカ本土にも提訴されたそうで、今後の判決がどう出るか注目されるところ。
ただ、唯冠科技の「IPAD」なるパソコンを見ると、これはこれでAppleの昔のMacを模したデザインで、
いかにも中国な臭いがした。
しかも唯冠科技はすでに倒産しているということで、賠償金目的の訴訟という気がしてならない。
とはいえ、中国国内では先着順で決まる商標権だけに、Apple側の脇が甘かった部分も否めないと思う。
今一度、知的財産の価値というものを思い知った一件だった。