開店

私が今のアパートに住み始めたとき、近所の雑居ビルにラーメン屋の看板だけが存在し中は常に無人の店舗があった。
ああ、潰れたんだな、と思っていたのだが、約半年後にうどん屋として開店。
せっかくだからいってみよう、と思いつつ機会を逃している間に早々2年弱で閉店。
そして、最近そこにまたラーメン屋ができた。
今度は逃すまいと思い、はじめてその雑居ビルに足を踏み入れた。
中に入ると7割くらいのテーブルが埋まっている。
開店から間もないのに7割というのがうまくいっているのか、だめなのか難しいところ。
とりあえず、店の看板に書いてあったラーメンと餃子が、セットとして売っていたので注文。
しばらく待っていたら、ラーメンが出てきた。
この店のウリは豚骨ラーメンのようで、
セットだとラーメンは自動的に豚骨ラーメンになるようだ。
スープをすすってみると、実にあっさりした感じでコクがない。
麺は豚骨に定番の細麺だけど、スープがあっさり過ぎて物足りない感じ。
そうしていると餃子がでてきた。
餃子は某有名チェーン店の餃子よりも一回りくらい小さい感じ。
そこそこいける味だが、これといって旨いと絶賛するほどでもない。
まとめると、味はイマイチということだ。
おまけに店員の態度がこれまたイマイチ。
最初ラーメンをもってきた人(たぶん中国人)は無言で私の前に置き去って行った。
次に餃子をもってきた店員は「お待たせしました、餃子です」と言うだけで、伝票は無言で放置。
「ごゆっくりどうぞ」とか普通は言うものじゃないかなぁと思うけど。。。
最近飲食店でこんなひどい接客を受けたことがなかったので*1
腹立つよりも呆れてなにも言えなかった。
この店も閉店するのは時間の問題かもしれん。

*1:関東にある某行列のできる大盛りラーメン店は別格なので除外