公共放送

NHKがネット同時配信を検討しており、これまで否定的だった総務省の姿勢も容認する方向に変わってきたようだ。
これにより、ネット同時配信も実現しそうな勢いがあるようだ。
同時配信開始後、テレビ受信料を払っている家庭についてはネット配信で閲覧する機器を追加のテレビとして扱い、
受信料はとらない、ということだ。
一方で受信料を払っていない家庭については、受信アプリをインストールした段階で課金する仕組みとするようで、
ネットで受信料を取ることはしないらしい。
ただ、これいつ定義を変えるか分からず、いずれはネット回線があるだけで受信料を払えと言いかねない気がする。
民放と遜色ない番組を垂れ流しているNHKが公共放送を名乗り受信料を徴収するやりかたに限界が来ているのではないだろうか。