ゼロコロナにはもうならない

大阪府の吉村知事が「ゼロコロナにはもうならない」と語ったそうだ。

はっきり言って気づくのが遅すぎるくらいだが、

それでもやっと力を持った人がこういうことを言い始めたということは評価したい。

ただ、この人、若者へのワクチン接種を強烈に進めようとしていて、

インセンティブ与えてまで打たせるとかいっているからなぁ。

この辺は評価できないから、やっぱり±0だな。。。

園児が感染

子供が通っている園で新型コロナウィルスの感染者が出た。

子供と接しない職員が感染していた、というのはあったが、

園児で出たのは初めて。

それを受けて濃厚接触者の特定をするから明日はとりあえず休園らしい。

再開も未定。

濃厚接触者の特定がされていない、ということはうちの子が該当する可能性もあるわけで、

そうなると私も濃厚接触者の濃厚接触者に該当する懸念も出てくる。

というわけで私は明日仕事を休まねばならん。

忙しいけど、こればっかりはしょうがない。

 

デルタ株が蔓延してきていよいよ身近に迫ってきた感はある。

もはやどんなに気をつけていても誰でもかかりうる感染症という認識は必要だ。

保健所介しての措置待ちや濃厚接触者探しで隔離、なんてほとんど蔓延防止効果は期待できないと思う。もう止めるべきでは無いだろうか?

発症すればたとえ軽症とされてもいわゆる普通の風邪よりもはるかにつらいと聞くから、

舐めてはいけないのだろうが、

その辺のクリニックで気軽に診療してもらえるよういろいろ整備していくことの方が重要じゃなかろうか。

すでにそういう取り組みをはじめた地域もあるが、全国的に展開すべきだ。

第5波もピークアウトで

新型コロナウィルスの陽性者数も第5波とよばれる今の波は、

全国的にほぼほぼピークアウトしたとみて良く、

今月末頃には下がりきるだろうと予測する。

ただ、問題はそのあと第6波である。

すでに変異株が検出されたという報道もあり、確実に波はまたやってくる。

そのときどうするか、ピークアウトした今しっかり手を打たないと、

また医療逼迫という事態になりかねない。

第5波でようやく医療体制の充実に力を入れ始めたように見えるが、まだまだである。

是非とも進めてもらいたいものだ。

それにそろそろ、保健所を中継して措置を決める今の方針は変えていかねば駄目だな。

第6波は感染力が更に増した株がはびこると思われる。

おまけに寒くなるだろうからより大きな波となるだろう。

どんなに気をつけても今以上に身近な人や自分自身も感染する可能性があると考えるべきだ。

そこで有効とされるのがワクチンなんだが、

やはりmRNAは個人的に抵抗がある。

実際接種した職場の人の大半が発熱する副反応を見ているだけに余計そう思う。

とはいえウィルスベクターもよくわからんし、それなら組み替えタンパクワクチンが安心できそうだが、

供給は来年からのようで、第6波には間に合いそうに無いな。。。

私は第6波も自己免疫力と感染対策でなんとき逃げきりたいものだ。

排水エラー

昨年買ったドラム式の洗濯乾燥機。

非常に使い勝手が良いと言いたいところだけど、

最近排水エラーが出る。

その度に選択が中断し、場合によっては最初からなんてことも。

排水ホースの掃除等で治るものの、ちょっとエラーが多すぎ。

これまでの洗濯機はそんなこと無かったのになぁ。

ドラム式は何か違うのかしら。

困ったものだ。